ふさわしい姿勢で脚やせ対策

姿勢が悪い人は、見た目の印象が悪くなります。
それに、脚の筋肉が弱まりたり、逆に、姿勢が悪いことで通常は使わない筋肉を強めることになり、脚が変形したり分厚くなったりしてしまう。
そのため、脚やせを目指す人も、立つ、陣取る、あるくなど普段の動作で、意識的に姿勢を良くして話すことが大切です。
脚を細くするために、急に耐え難い運動や難しい筋トレなどの対策を行う人もいますが、そういう苦労をしなくても、終始ふさわしい姿勢を意識するだけで、脚やせは可能なのです。
姿勢の悪さを指摘されたことのある人は、姿勢を矯正することで、見た目の印象が良くなるだけでなく、細長くて愛らしい脚を実現できるのです。

姿勢が悪い人は、骨盤が歪んでいたり異なりていたりすることがあります。
骨盤の歪みやズレは、姿勢が悪くなるだけでなく、脚の血管を圧迫することもあり、血行が悪くなってむくみの症状が出ることもあります。
一段と、歪みがひどいと、腰や肩に痛みが現れるなど、全身に影響を及ぼすことがあるので、骨盤の歪みを解消する対策に勉めましょう。

骨盤のゆがみやズレを解消させるには、整体などの治療を受けるのが一番ですが、自宅で望める改善方法もあります。
それは、骨盤の歪みを解消させて喜ばしい姿勢に導く効果のあるストレッチを毎日行うことです。
それでは、簡単にできる姿勢矯正のためのストレッチのやり方を紹介します。

1、膝立ちの状態で、前方を堂々と見極める姿勢を取ります。

2、両手を組み合わせて、心から頭上へ伸ばします。

3、腕を伸ばした状態で、上半身を右にゆっくりと薙ぎ倒します。

4、次は左を倒して赴き、体の側面を十分に伸ばしていきます。

こういうストレッチにより、骨盤の歪みやズレが改善されて姿勢も良くなり、さらに、脚の筋肉をバランスよく強めることができます。
そのため、骨盤の歪みが改善されれば、姿勢が悪いことで低下した筋力もじりじりついてきて、良い脚の実現も期待できるのです。

また、。
エクササイズボールによるエクササイズも、歪んだ骨盤を矯正することができます。
それでは、エクササイズボールによるエクササイズを紹介します。

1、ボールの上に姿勢を正して座り、足は肩幅よりも幅広い位置に置きます。
その足の位置を守るようにして、息を吐きながら、ボールをお尻で押して前方へ腰を出します。

2、次は、腰を後方へ突き出すように動かします。
この時、上半身が貫くように、おへそから下だけ動かしましょう。
こういう前後の運動を1分で1セットを5セット行いましょう。

また、腰を前後に移すエクササイズと同じ要領で、左右に移す運動も5セット行いましょう。
お尻を、右転じ、左見廻り、と交互に回転させるエクササイズも骨盤を解す効果があります。http://www.ackerbilk.co.uk/