ほうれい線対策・目の疲れと奥深い関係があった

ほうれい線は目の疲れとも奥深い関係があるのです。
単にほうれい線対策を考えていらっしゃる人は、目を酷使しないようにください。
目とほうれい線は距離も離れていて、こういう2つが関係しているは考えづらいところですが、実は別に目の筋肉とほうれい線は強く関連しているのです。
例えば目の疲れによって目の下の涙袋が大きくなると言われていますが、目の回りのたるみだけでなく口周辺のたるみにまで影響があります。
とにかく眼精疲労気味の人やドアラアイが気になっている人は注意しましょう。
顔の表情筋は各種方向から顔を引っ張って、健全な状態が保たれていらっしゃる。
しかしこういう表情筋がたるんでくると、次第に顔全体もたるむわけです。
そしてこれらの表情筋はそれぞれ別の方向から皮膚を垂れないように引っ張っていますが、すべてが連動していると考えられます。
イメージとしては1つの表情筋が弛む結果、ドミノ倒しのようにずっと連動しておる表情筋に乱れが起こります。
このように目の筋肉が緊張したり緩んだりすることで、ずっと関係している表情筋に影響があり、さまざまなところでたるみが起こるのです。
中でもほうれい線は口の周りの筋肉です口輪筋に大きく関わっています。
他にも頬と唇を引っ張ってある大頬骨筋、小頬骨筋、上唇挙筋などもきつく関係しているのです。
上唇挙筋は唇を上に上げたり下げたり講じる動きを司っていらっしゃる筋肉で、こういう筋肉の衰えもほうれい線を深くすると言われています。
上唇挙筋は鼻の横から頬を通って目の下における眼輪筋にくっつき、また大頬骨筋や小頬骨筋もこういう眼輪筋につながっていらっしゃる。
つまり目の疲れから眼輪筋→上唇挙筋・大頬骨筋・小頬骨筋→口輪筋へと達するといった流れになります。
目がくたびれると目の周囲の眼輪筋が凝ってしまい、そこから連動して口輪筋まで凝り固まってしまい、ほうれい線を作ってしまう。
またほうれい線だけでなく、頬の凝りから頬のたるみや口元のシワなどにまで悪影響を与えてしまう。
このように目と口はとても激しく連動しているため、目の疲れはほうれい線対策にとって大敵と言えるのです。
最近はパソコンやスマホなどを長時間見ている人も手広く、日常的に目が疲れているという人も多いのではないでしょうか。
そのためぜひ長時間の使用を遠のけ、1時間に1回は目を休めるなどの対策も重要です。参照サイト