下手で相応しい!絵手紙教室へ行こう!

大人になると誰かにお礼の手紙や一言メモなどを添えて自分の気持ちを伝えるときなどがあります。
そんなとき「絵が描けたらよかったな。」なんておもう事がありませんか?となりでさらさらっと描いておる方をみたりすると羨ましくなりませんか?
難しい絵は描けなくてもいいのです。簡単なイラストや絵手紙などは美術が得意でなくても気軽に参加しだれでもとれる絵があります。
無論油絵や水彩画教室もたくさんありますが、道具をそろえることを考えると億劫な場合は絵手紙をお勧めします。
絵手紙は絵の手紙だ。はがきに内面を絵で指し相手に送ります。
といってもうまく居残る必要はありません。却って下手なほう素晴らしい!という話は一心に聞きます。
下手で良い!なんていうと安心しませんか?私にもやれるかも!なんて思いませんか?そうです、できます。
習う場所は地域の公民館のサークル、カルチャーセンターなどいろんな場所で開催している。気軽な習い事として誠に人気です。通信で習う方も増えています。
絵手紙は競争で講じるものでないので気持ちを楽にして送る相手のことを思い付くことが大切です。ポイントとしては描く際はぶっつけ本番で臨みます。
ですので失敗しても味になり本当によかったり講じるものが多いということです。鉛筆でこれから下書きを書いてから塗るのでは絵手紙の良さはでません。
失敗という考えたかがそもそもないのです。筆を厳しく保ち、肘をあげてリラックスしながら描いていきます。何を描こうとしているのかが重要です。初心者であれば季節の花、果物、野菜をモチーフにすることをおすすめします。はなはだ描き易いですし、相手にわかりやすく伝えられます。よく観察して一心に見つめ、静かな気持ちで筆を動かします。
目にとまった気になる部分から描いていくのですがうかうかものすごく描くとモチーフの面白さが出てきます。ですので葉書からはみ出しても気にしない事。
リズミカルに次々描いて色も垂らしましょう。考える相手の気持ちを想像しながら描くとワクワクしてきます。
お手本もないので気にせず自分の思うままに手を動かします。最初はドキドキするかもしれませんが、慣れるまで何枚でも描いてみましょう。色をつけたら最後は言葉だ!なんて言ってもお手紙ですので最後の文が決め手になります。読みやすい字で相手に伝わるような一言を押せればオッケーだ!もしも自分の印を持っていたら朱色印を押して下さい!絵がもっとしまります。完成したら住所を書いてあとはポストへ投函!如何なる返事が来るのか楽しみですね!引用