原因別対策方法その2

そのまま原因特別見た下半身太りの対策方法について説明行う。

3つ目の体の冷えや血行不良による場合だ。
体が冷えてしまうと血管の収縮が起こり、脂肪を燃焼するための酸素の供給量が少なくなってしまう。
そのため脂肪の燃焼量が鎮まり、体内に蓄積され易くなるのです。
とにかく下半身は冷え易い部分なので、下半身太りとして症状がいち早く表れる場所なのです。
体を冷ます原因としては、水分の摂りすぎによるものがあります。
一度にたくさんの水分を体内に入れてしまうと、余計な水が体内に溜まってしまい体を冷ますことになります。
また下半身太りを気にして食事のキャパシティを切り落としすぎてしまうと、栄養素が不足して熱を作り出せなくなるため余計に体が冷えてしまいます。
冷えを防ぐ対策としては、塩分や糖分を控えたバランスのいい食生活、適度な運動、睡眠などが挙げられます。
具体的な方法としては、日常の中でやれる適度な運動として、先程のように1駅手前からあるくとか、エスカレーターをやめて階段を歩くとかするといいと思います。
しょうがや、にんにくなど体をあたためる効果のある食品を積極的に食するという方法もあります。
毎朝、白湯を飲み込むのもおすすめです。
初めて沸騰させて冷ましたお湯を飲むと、体を内側から温めて、内臓の働きも活性化行う。
血行不良に関しては、血液がさらどんどん達する、お酢や青魚などを積極的に摂るといいと思います。
足首を回したり、足の指を広げたりして動かすと血流が良くなります。

4つ目は、筋肉量の不足による場合だ。
筋肉量が少ないと、当然燃焼もらえる脂肪の量も減ってしまうため下半身太りになりやすくなります。
筋肉が衰えると体はむくみ易くなりますし、歪みの原因にもなります。
筋力アップを積極的に立ち向かう必要があります。
筋力アップには最も運動が必要になりますので、ウォーキングや階段をあるく、ジムへ伺う、筋トレなどを立ち向かう必要があります。
普段から早歩きを意識したり、階段を使ったりして、心拍数をそこそこ言えるように意識しましょう。
1日に10回程度でもいいのでスクワットをください。
睡眠を敢然と盗ることも大切です。

5つ目は、体の歪みによる場合だ。
体に歪みがあると、血液の流れやリンパの流れが悪くなるため太りやすくなります。
姿勢のくずれや筋肉の衰えにおいて出るものですが、歪んだ状態のままだと体に偏った状態で筋肉がついてしまったり、他の部分まで歪んできたりしてしまいます。
体の歪みを改善する方法は、お風呂上りにストレッチを行うとか、毎日ラジオ体操を行う、ふさわしい姿勢を意識する。
脚を組むとか、カバンを常におんなじ方の肩にかけるなど歪みの原因に繋がる行為を断ち切るようにする結果改善できます。引用