夏バテ解消にスイカが良いって本当?

夏になると、真っ先に食べたい果物と言えばスイカではないでしょうか。
夏をイメージするものの代表的なものと言えるでしょう。
スイカは水分が多いので、かわいく冷やして食べると暑さも一時忘れ去る感じですが、実はスイカはうまいだけの果物ではありません。
しかも、一気に食べた方がいい果物なのです。
一般的には赤い部分しか食べませんが、皮(白い部分)も種もかなぐり捨てたら惜しいんですよ。
真に夏バテ対策としても際立つ効果を発揮する果物だ。

スイカは9割が水分ですが、ブドウ糖やカリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルが豊富です。
それに塩を付けて食べる事が多いので、そうすると丁度スポーツドリンクと同じような成分になるようです。

また、スイカにおいて掛かる栄養素のうち、注目されるものとしてリコピン(リコペン)とシトルリンがあります。
リコピンは、大きい抗酸化作用がある結果知られていて、悪者の活性酸素を除去してもらえる効果があります。
そのリコピンを持ち合わせる野菜で有名なのが、トマトだ。
ですが、誠にそのトマトより1.5倍もリコピンを持ち合わせるのがスイカなのです。
しかもスイカはトマトに比べると食する量がますます多いですから、トマトより大量にリコピンを摂取できるという訳です。

そして更にの栄養素、アミノ酸のシトルリン。
これにはむくみ、筋肉増強、疲労回復、アンチエイジングなどの効果がありますので、夏バテ対策にはもってこいのものです。
こういうシトルリン、実はスイカの皮(白い部分)に充分含まれているのです。
一般的には捨ててしまう所ですが、どうしても捨てないでおきましょう。
料理する時は、一番外側の緑の部分はやはりつぎ込みません。
赤い部分もほんの少しならついていてもかまいません。
漬物にしたりもしますが、スープも思い切り美味いものです。
適当ながたいに切り、他の具材と共にことこと煮立て、塩やコンソメで味付けをします。
スイカの皮とは思えない味わい深いスープになりますよ。

また、スイカの種も栄養多く、中国ではしばしば食べられているようです。
あのちっちゃな種ですが、ビタミンB1、B2、たんぱく質、葉酸、カリウム等々、他にも色々な栄養素が含まれているのです。
2,3日天日で干してありのまま食べたり、干したものを煎って味をつけておつまみにしたりも出来るようですよ。アテニアスキンクリアクレンズオイルが最安値!楽天やAmazonより安い!