大学受験 勉強をしないわが子にかける言葉�C

よその友だちと、親戚と、兄弟と…誰かと引き合いに叱ってはいませんか?
人にはそれぞれに長所もあれば短所もあります。ですが、そういった大学受験等の特別感を感じるような事柄があると、そうした現状だけを切り取ってしまい、「○○は成績が良いのに…」「○○は勉強をこんなにしているのに…」等と、比較して仕舞う事があります。ですがこれは、自分のお子さんを否定して掛かるような物だ。

お子さんの中にある、自己肯定感を否定する事になります。
自己肯定感があるからこそ、人は前向きに、安心して物事に取り組む事が出来るのです。こういう叱り方だけは絶対にしないようにください。

怒る際には、敢然とお子さんの状態を見極めたコールが大事です。
・一年中に○時間勉強するようにすると決めたのは、あなたのはず
・○時間もゲームばかりやるのは、良くない事だと私はおもう

このように、両親とお子さんの関係の中で叱るようにする事で、充分自分と向き合ってくれているという事が、お子さんにも伝わります。
ただ責めるよりも効果は出やすいでしょう。

≪4.試験の大切さを報ずる≫
仮に、推薦入試を考えているのであれば、学校の定期テストの評価は重要となっていきます。
また、奨学金を考えている場合には、こういう評価によって利用できる種類というのも変わっていきます。

これらを考えている場合には、定期テストから気を引き締めて行く事が重要です。こういう重要性を、両親は訴える必要がありますので、どうして大切なのかを、ただ勉強しなさいという事ではなく、お子さんに行き渡るように話していきましょう。

●まとめ●
これから高校生になったのだから、自分で考えて行動してほしいというお母さん・お父さんは多いかと思います。
ですが、高校生の中にも考え方、取り組み方は様々です。自分から率先して、進路を考えながら勉強するお子さんもいれば、何の為に勉強をしなくてはいけないのか、勉強に対してやる気がスゴイ起こらないお子さんもいらっしゃる。

ですが、そういった勉強にやる気のないお子さんというのは、逆にやる気になるような理由が発生すれば、自ら勉強に取り組む事になるという事です。

その時に、出来れば自分の人生を思い描き出せるような理由が、勉強するという意欲へと繋がると良いですね。
その為には、お子さんの世間に対する、世界に対する興味や関心というアンテナが広い事が大事です。

普段の生活の中で、ニュースや新聞記事等、様々な出来事・事象に対して親子の中で話題に見つかるような関わり・会話が、そのアンテナを大きくしてくれます。

『うちの子勉強取り止める…』と嘆くのではなく、なぜ勉強しないのか、意欲がないのはなぜなのかを意識して下さい。
そこには、勉強する事に対しての意義が見いだせていないのかもしれません。

勉強はそもそも大学受験をするために立ち向かうものではありません。
合格して進みたい大学に入学する為に必要な行為ではありますが、それが最終目的ではありません。
勉強する意味や目的について、先ずお子さんも、そして両親も考えて、共に語り合ってみては如何でしょうか。http://中野区の注文住宅.xyz/